2019/5/8

「ガバナー月信に紹介された記事です」
小田原ロータリークラブは今年創立64年になり、会員は71名、40代から90代まで幅広い年代が集うクラブです。ベテラン会員と若手会員とのコミュニケーションを大切にし、クラブの歴史・伝統・品格を探求しつつ、次世代にも受け入れられる柔軟性をもったクラブを目指しています。
 独自の奉仕活動としては、小田原市内の小学校への図書の寄贈を10年以上行っていましたが、ここ3年は対象を幼稚園・保育園49園に代え図書の寄贈を続けています。
 インターアクト、青少年交換学生などの新世代への支援にも力を入れ、特に青少年交換は派遣学生を毎年推薦、今年度は交換学生の受入も行っています。昨年度からはROTEXの小田原散策の事業に地元の強みを生かして支援を行い、今年度も5月12日に実施いたします。
 会員の親睦としては「納涼例会」、「クリスマス会員家族親睦会」、「お花見例会」などの充実や、「はぐるま会(ゴルフ)」「旅行同好会」といった同好会活動を勧めています。


2019/2/8

小田原ロータリークラブ米山奨学生のボーちゃんが9月に大学院をご卒業されました。以下ボーちゃんからのお手紙です。
「ロータリー小田原クラブの皆さん、大変お世話になりました。米山奨学生のボーです。9月に大学院を卒業とともに、米山奨学生も卒業いたしました。今回卒業後の報告をさせて頂きます。私は11月から東京の田町の株式会社東輪堂で翻訳コーディネーターとして勤めています。私は多言語チームでお客様と翻訳者の真ん中にいる立場です。仕事内容はお客様から翻訳の依頼をもらって、世界中にいる翻訳に連絡し、原文を手配し、翻訳が上がって来たら、チェックして、客先に納品しています。タイ語だけではなく、色々な言語をやっています。会社に関しての詳細はホームをご覧になれます。 https://www.torindo.ne.jp/ja/
今まで2ヵ月経って、また慣れていないですが、毎日楽しいです。ロータリー小田原クラブの皆さんのおかげ様で無事に卒業でき、就職までできて、本当にありがたいです。これからも私の成長を是非見守ってください。よろしくお願い致します。」


2019/1/28

1月23日 鈴の音ホールにて2018-2019年度国際ロータリー2780地区第9グループIM・合同例会が開催されました。
IMテーマを「化学反応を起こそう」とし、ご講師には、ノーベル化学賞候補者にもなられました、桐蔭横浜大学教授・工学博士で有られます宮坂力先生にお越し頂きまして、「日本発のぺロブスカイト太陽光電池の飛躍と社会実装の発展」と題し、塗装を塗る様にして作れる太陽電池と言う画期的な研究のお話を頂きました。
ホストクラブと致しまして、ご協力頂きました皆様方に感謝申し上げます。


2018/12/22

12月10日クリスマス例会が開催され、次年度会長がサンタクロースに!子供たちに夢と希望をプレゼントしてくれました。


2018/11/25

11月18日日曜日 二宮生涯学習センターにて2780地区米山奨学学友の主催で{友情の輪」}交流会が開催されました。この会は米山記念奨学金を受けた、学友たちが奨学生と共にロータリアンへの恩返しと、感謝を込めて、お国自慢の手料理を作りご馳走をしてくれる行事です。参加者は年々多くなり今年は100名ほどの参加者でした。脇ガバナーのフルート演奏により米山の歌「世界の架け橋」の合唱からから始まり,料理の解説から普段食べられる機会のない世界のおいしい料理に参加者のお腹は大満足でした。小田原ロータリークラブでお世話をしたボーちゃんも腕によりをかけた、タイ料理を大判振る舞いで、ご馳走してくれました。来年はクラブの皆で出かけましょう。ア〜ア楽しかった。


2018/11/19

台南西ロータリークラブは来季で40周年を迎えます。
その記念例会の開催が2020年3月に予定されております。
沢山の小田原ロータリークラブ皆様のお越しをお待ちしているとの事でした。


2018/11/19

2018年11月13日〜15日まで、
友好クラブであります台南西ロータリークラブへ
クラブ交流をして参りました。
大変厚くお出迎えをして頂き、楽しい時を過ごせて頂きました。

- Joyful Note -